アナニメン

あながでかいです

淫夢を知らない男が淫夢について思うこと

どうもこんにちは 

 

アナニメンのでんです

 

最近私の周りでは真夏の夜の淫夢が流行っています

 

通話に入ったら野獣さんのイキ声が常に飛び交い続けています

 

そんな環境で育てられてきた私は、人生で淫夢に興味を持ったことがないのにも関わらず、多くの淫夢ネタを手にしてしまいました

 

私の好きな淫夢ネタはライダー助けてです

 

これはヒデさんと言う子供みたいなよく分からんお爺さんが調教中に助けを乞うために「誰か助けて」と発したものの空耳なのですが

 

声がデカすぎて他のホモビデオ撮影を行なっていた平野源五郎さんのビデオに声が入ってしまっているのです

 

ネットの情報によるとその時平野さんは

 

「早く調教されたいか!?言ってみろ!ほらもっと大きな声で言ってみろ!」

 

というセリフを言っていたそうですね

 

こんなシリアスなシーンで聞こえてきたら私が平野さんだったら大爆笑してしまいそうです

 

耐えた平野さんは偉いと思います

 

ちなみに平野さんはライダーではないので無視したそうです

 

子供みたいなよく分からんお爺さんがライダーに助けを乞うのも面白いですね

 

それにしても淫夢ってすごいですよね

 

f:id:Ananimen:20200820030556j:image

 

ここら辺とか最近の若者の日常会話で全部使われてるじゃないですか

 

いや私の周りだけかもしれません

 

私が通話を聞いていて頻出だと思う語録をいくつか発表したいと思います

 

『金!暴力!SEX!』

 

スマブラで弱三連を決めた時に利用されています

 

『野獣 「MUR、夜中腹減らないっすか?」
MUR「腹減ったなぁ」
野獣 「ですよねぇ?」
MUR「うーん」
野獣 「この辺にぃ、美味いラーメン屋の屋台、来てるらしいっすよ。」
MUR「あっ、そっかぁ~」
野獣 「行きませんか?」
MUR「いきてーなー」
野獣 「行きましょうよ」
野獣 「じゃけん夜行きましょうね~」
MUR「おっそうだな。あっそうだ(唐突)、オイKMR!」
KMR「えっ?」
MUR「 お前さっき俺らが着替えてるときチラチラ見てただろ!」
KMR「いや、見てないですよ」
MUR「嘘付け絶対見てたゾ!」
KMR「何で見る必要なんかあるんですか(正論)」
野獣 「あっお前さKMRさ、さっきヌッ、脱ぎ終わった時にさ、なかなか出て来なかったよな?」
MUR「そうだよ(便乗)」
KMR「いっ、いやそんなこと・・・・。」
MUR「見たけりゃ見せてやるよ。」』

 

この中に含まれている単語や類似した単語が日常会話に出てきた瞬間に流れが始まります

 

「夜中」「腹減った」「ラーメン」「屋台」「じゃけん」「チラチラ」「嘘つけ」「見せてやるよ」「着替えてる」などが主なトリガーとして利用されている気がします

 

『こ↑こ↓』

 

私の周りの人間は基本的に「ここ」という単語を普通のイントネーションで言えません

 

『はーい、よーいスタート』

 

スマブラで試合が始まる時に利用されます

 

逆に、私が元々知っているぐらい有名だったのにも関わらず、あまり利用されていないと感じる淫夢語録を発表したいと思います

 

『24歳、学生です』

 

嘘を付くのは嫌いなんでしょうか

あまり聞いたことがないですね

 

『溺れる!溺れる!』

 

溺れないのでしょう

 

『ぼくひで』

 

ひでじゃないのでしょう

 

『おじさんはねぇ、君みたいな可愛いねぇ、子の悶絶顔が大好きなんだよ!』

 

これ逆に日常的に使っていたら相当やばいなと思いましたが、野獣さんとMURさんとKMRさんの掛け合いを日常的に使っているのも相当やばいですよね

 

今回は私が淫夢について思うことを発表しました

 

ここまで読んで頂きありがとうございます